FC2ブログ
ダイスターグ卿の邸宅
当HPに記載の社名・製品名・システム名等は各社の登録商標もしくは商標です。 コメント・トラックバックはアニメやFMO・大航海時代オンライン関連でない場合は許可しないことがあります。 FMO・大航海時代オンラインプレイヤーのサイトならりんく御自由にどぞ。
孤島症候群
2007/02/25 (日) 12:17:05 テーマ:涼宮ハルヒの憂鬱 - ジャンル:アニメ・コミック
手紙と写真を破り捨て、海へとばらまく一人の女性。
そして花占いをしています。
最後の2枚の花びら、いっぺんに引っこ抜いてしまいました。
占いの結果、あまりよろしくなかったようで。
その光景を見ながらクローズドサークルについて語るキョン君と古泉君。
このあたり、原作だとどう書かれてるんでしょう?

海の上の船上のそんな光景から始まる涼宮ハルヒの憂鬱DVD第5巻「孤島症候群」です。
前後編あるんですが、ここは一気に書きます。

ある日突然SOS団の会議で急に合宿が決まりました。
古泉君の親戚所有の無人島の別荘だそうです。
小泉君はハルヒからSOS団副団長に任命、ハルヒ自身は迷探偵、じゃなかった名探偵だそうです。

舞台は再び船上に戻り、クローズドサークルと名探偵について語り続ける古泉君。
ハルヒの方は皆でババ抜き。
SOS団の他にキョン君の妹もいます。

出発時の朝、キョン君がバッグを持つと、なぜか重くて持てません。
中を開けると、そこに妹が!
いくら小さくても、あのバッグに入りそうには見えませんが。

ババ抜きに負けてジュースおごりの上に寝顔を撮られたキョン君。
そうこうしてるうちに船が到着。
執事メイドさんがお出迎え。
そこからはクルーザーに乗り換えて孤島へまっしぐらです。

館に関するハルヒのしょーもない質問にあっさり答え続けるメイドさん。
執事さんの方はそこまで切って捨てずに一応含みを持たせてます。

島ではまず館の主人の弟さんがお待ちかね。
そして館にて主人がお出迎えです。
やたら礼儀正しく挨拶するハルヒ。
館の主人の方は古泉君から色々聞いていたのか、拍子抜けです。
そしたらハルヒは豹変して怪しいことは無いか聞きまくり。
そこまで怪しいものを求めてるんですか。

とりあえず皆で海に。
長門さんはここでも読書。
つか海の上でも読書って。
朝比奈さんのナイスバディもビーチボール並みに弾みます。

翌朝、いきなり台風。
地下に遊戯室があるそうで、卓球台に麻雀卓やルーレットまで。
夜まで遊びまくりです。

翌朝、まだ台風。
ところが館の主人の弟さんが行方不明、主人の方も呼び出しに応じません。
主人の部屋の扉を体当たりで破って侵入すると、そこには胸にナイフの突き刺さった館の主人が!
ハルヒが脈を診ようとすると、執事氏が動かしてはいけないと止めました。

窓も扉も鍵のかかった密室での死です。
こっからは少年探偵もの並みのストーリー展開。
最後は真相がばれる訳ですが、気づいたのほとんどキョン君です。
この離島症候群では長門さんは台詞極少でしたが、ネタばれしないようにとの配慮だったんですね。
もしかして、一人真相を知って楽しんでたのかしらん。

執事氏もメイドさんも館の主人兄弟も古泉君の所属する「機関」の一員だそうで。
執事氏は涼宮ハルヒの憂鬱Ⅴで出てきたタクシー運転手と多分同一人物です。

この離島症候群、ハルヒの「とんでもないことが起こって欲しい」という欲求と、「そんなの起こるわけない、起こってはいけない」という理性のせめぎあいが主題なんですね。
TV放送だと放送順がシャッフルされて、ハルヒの欲求と理性について古泉君が語る涼宮ハルヒの憂鬱Ⅴが離島症候群の後に放送されたんですが、この離島症候群を見ると、あのシャッフルは正しかったんだなと今更ながら思います。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://dicetarg.blog.fc2.com/tb.php/211-9d135be1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
copyright © ダイスターグ卿の邸宅 all rights reserved. Powered by FC2ブログ