FC2ブログ
ダイスターグ卿の邸宅
当HPに記載の社名・製品名・システム名等は各社の登録商標もしくは商標です。 コメント・トラックバックはアニメやFMO・大航海時代オンライン関連でない場合は許可しないことがあります。 FMO・大航海時代オンラインプレイヤーのサイトならりんく御自由にどぞ。
朝比奈ミクルの冒険 Episode 00
2007/02/28 (水) 22:32:19 テーマ:涼宮ハルヒの憂鬱 - ジャンル:アニメ・コミック
以前、学生時代の友達皆で、映像作品作ったことがあります。
結婚式の余興と言うことで作ったんですが、いざ2次会で上映すると、作ったこっちがはずかしいのです。
出席者一同からはわりと?好評だったみたいですが。
企画と脚本に関しては、ハルヒ以上にぶっ飛んでましたね。
ただ、編集に関しては、その方面の技術の持ち主がいてくれたおかげで、結構さまになってました。

「ミステリックサイン」で出てきたSOS団のエンブレムからはじまる「朝比奈ミクルの冒険 Episode 00」。
この涼宮ハルヒの憂鬱DVD第0巻、本来なら最初に感想書くべきなんでしょうけど、あのはずかしさを思い出してしまうので、話の時期からして文化祭の前だからという口実でここまで後回しにしてきましたが、ついに書くことになりました。
オープニングテーマは朝比奈さん役の後藤邑子さんです。
歌い出しがつっかえてますが、これ歌を録る時にスタッフがわざと歌い出しの合図を出さなかったそうです。
それで自然な?つっかえ具合になったそうで。

登場人物は朝比奈さんと古泉君と長門さんです。
企画と脚本と演出と監督は、当然?ハルヒです。
キョン君、その他雑用って、、、。
でも本編ではナレーションもしてます。
あと編集と撮影も彼みたいですね。

戦うウェイトレスのはずが、なぜか祝川商店街森村青果店の前でバニーガール姿で「白菜一玉半額タイムサービス」のプラカード掲げてる朝比奈さん。
商店街の客引きとして生計立ててるみたいです。
一応、超能力者の古泉君を見守るのが本当の本業みたいですが。
客引きの仕事終わって、床に就く朝比奈さん。

そして魔法使い長門さん登場。
しかしナレーションですら戸惑う唐突ぶりです。

そしていきなり朝比奈さんと長門さんの対決。
編集方針を察しろって、あるの、んなもん?
ちなみにTV版を録画して見てた時は、このへんで再生終了しました。
だって、「どーゆー実験的アニメだよ」って思ったんですもん!

朝比奈さん、必殺技ミクルビームを使ったところ長門さんに抑えられてしまいました。
ここでカット、つか監督写ってるし。

ここで商店街の大森電器店のCMです。
朝比奈さんまたあのバニーガール姿で。

で、また本編。
古泉君、長門さんに遭遇です。
一応、朝比奈さんの活躍?で長門さんひとまず退散です。

その後また唐突に朝比奈さんと長門さんの対決。
今度は鶴屋さんたちが敵役になってます。
って朝比奈さん、国木田君共々池に落ちてるし、、、。
なぜか長門さんたちいなくなって、古泉君にお姫様だっこされていく朝比奈さんでした。

ここで前半パート終了。
色鉛筆で描いた感じのアイキャッチが何気にかわいいのです。

所替わって古泉君の家。
朝比奈さんお姫様だっこのまんまですが、ウェイトレス姿から着替えてます。
そしてまた唐突に長門さん登場。
しかし、なんちゅう伏線の張り方、、、。

ここで商店街のヤマツチモデルショップのCMです。
朝比奈さんまたまたあのバニーガール姿で。

で、またまた本編。
つかいきなり同棲だし!
キョン君の妹までいるし!

ナレーションですらストーリーを追うのが不毛であることを認めつつありますが、今度は長門さん古泉君の通う学校に転校。
それを追って朝比奈さんも、って最初からじゃなかったのね。
その後はただの三角関係。
何度もウェイトレスvs魔法使いの闘いはあるようですが。
それでもやっと最終決戦。
なんかビームの撃ち合いしてます。
おまけに花火と爆竹ですか、ってそりゃ先生に怒られますって。

結局古泉君が出てきて、長門さん吹っ飛ばされて逆転勝利。
めでたしめでたし。

この自主制作映画文化祭で発表するらしいです。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
ちなみに
カラオケにてミクル伝説は最初のつまり含めて華麗に唄ってますw
ハルヒNETA大好きな隊長なのですw
2007/03/01(木) 00:48:42 | URL | ACT #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://dicetarg.blog.fc2.com/tb.php/214-0ea2311a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
copyright © ダイスターグ卿の邸宅 all rights reserved. Powered by FC2ブログ