ダイスターグ卿の邸宅
当HPに記載の社名・製品名・システム名等は各社の登録商標もしくは商標です。 コメント・トラックバックはアニメやFMO・大航海時代オンライン関連でない場合は許可しないことがあります。 FMO・大航海時代オンラインプレイヤーのサイトならりんく御自由にどぞ。
兵士の任務は死ぬことじゃない、戦って生き残ることだ。
2006/10/08 (日) 21:37:31 テーマ:FrontMissionOnline - ジャンル:オンラインゲーム
今日はOccupation ZoneにてイベントBGに参加。
2属性無敵の機体倒すのと、自爆機体残しながら他の部隊を倒す特殊任務を遂行しました。

2属性無敵の機体倒す方は、近くの丘に登って、迫ってくる敵をひたすら撃破。
キャノン、ライフル、ミサイルが主力でしたかな。

自爆機体残しながら他の部隊を倒す方は、D-04の丘に布陣し、ECM張ってライフルにて自爆機体の手足をふっ飛ばしつつ、他の部隊を撃破。

で、このイベント終わった後、発行者のダグラス君のところに報酬もらいに行ったのですが、その時整備のおじさんにタイトルの台詞の旨言われました。
このイベントに限らず、イベントって生き残ることの重要性を説くシーンが結構多いんですよね。
命の尊厳は、フロントミッションシリーズを貫くテーマだと思います。
で、思った訳ですよ。
戦って生き残ることの重要性を説くなら、戦って生き残ることが重要な勝利条件があるといいんじゃないかな、と。
たとえば、イベントにはすでにある敗北条件で、BGリーダーが撃破されてサルベージ不可能な状態になったらその時点で負け、とか。
こんな感じになるんじゃないかと。

A「敵リーダー倒さないとな、やっぱMechanicか?」
B「いや真っ先に的になるって分かってるだろ、Assaultのうちの1機じゃないか?」
C「ECM張って別行動してる可能性もあるんじゃない?」
B「まぁ全滅させれば済む事か、ところでこっちのリーダーはどうする?」
C「やっぱAssaultでしょ、木を隠すなら森の中へ」
A「でもそうすると突っ込むのは危険か」
B「いや他のAssaultと違う動きしてたらばれるでしょ」
A「しかし、メカやECMみたいに的にされると分かってる機体にする訳にも」
C「危なくなったらすぐに戻るのはリーダーに限らず全てのAssaultの鉄則でしょ」
B「ならリーダーはAssaultでいっか」
C「でも敵も結構そう考えるかも、だとしたら迎撃でまず確実にAssault仕留める作戦に出てくるんじゃない?」
A「全滅狙いでも普通の作戦だな、あり得るな」
C「結局、耐性ジャンケンと同じで、一種の賭けだね」
B「まぁとにかく、犠牲者出さずに全機生き残ること優先で」
C「1機だけ守ってるとばれるもんね」

あるいは勝利条件とはちょっと違いますが、勝った時のゲージの伸びはこちらの生き残り機体数に比例する、とか。
そうすれば、たとえ負け戦でも、敵を少しでも減らせば侵攻速度を落とせる訳ですし。
勝つ方も1機でも多く生き残らないと勝利効果減少、ということに。

ただ面白いってんならいくらでも工夫のしようがあるでしょう。
でも、フロントミッションの世界観やテーマを感じさせる工夫は、単に面白い以上の満足を与えてくれると思います。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://dicetarg.blog.fc2.com/tb.php/61-e4ec8754
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
copyright © ダイスターグ卿の邸宅 all rights reserved. Powered by FC2ブログ