FC2ブログ
ダイスターグ卿の邸宅
当HPに記載の社名・製品名・システム名等は各社の登録商標もしくは商標です。 コメント・トラックバックはアニメやFMO・大航海時代オンライン関連でない場合は許可しないことがあります。 FMO・大航海時代オンラインプレイヤーのサイトならりんく御自由にどぞ。
The Short Story ~市を愛する者達よ 第14話~
2008/06/23 (月) 20:22:32 テーマ:FrontMissionOnline - ジャンル:オンラインゲーム
このショートストーリーフロントミッションオンラインを題材にしたフィクションです。


オークヒルズ市における爆弾爆発より20日後 14:00 ハフマン島 ニューミルガン ノース陸運本社近辺

私はニューミルガンの「ノース陸運」本社近くまで来ている。
ここが大型トレーラーとクレーンを使用する会社である。
アパートで一通り調べてきたが、表面上は普通の会社だ。
ただ、近年の仕事がオークヒルズの復旧工事関連だけというのが気にはなるが。

大きな駐車場があり、トラックが数台停めてある。
問題の大型トレーラーとクレーンだが、、あった。
いかにも急ごしらえのハンガーに入れてあるようだ。
問題は、あのトレーラーの中身を確認する方法だが、、。
とそこへ、警官隊がノース陸運までやってきた。
「警察だ、このハンガーを調べさせてもらう。」
いわゆるガサ入れだろうか、ハンガーを調べ始めた。
「とっつぁん、うまくやってくれたか。」
ここへ来る前に情報源の「とっつぁん」に電話を入れ、ノース陸運のハンガーが怪しい旨を警察に伝わるよう工作してもらったのだ。

「警部、出ました!」
警官の声に警官隊の多くが駆けつける。
「社長さん、何ですこれは?」
「そ、それは業務用浄水器でして、、。」
「ほぉー、最近の業務用浄水器には時計がくっついてるんですか、、、。」
「そ、それは、浄化時間を計るストップウォッチでして、、。」
「とぼけるな! このハフマン島に時限発火装置とストップウォッチの区別がつかない警察官がいるとでも思ったか!!」
「わ、私は何も知らなくて、、。」
「ちょっと署まで御同行願いますよ。」
「べべべ、弁護士を、、!」
「ああ呼ぶが良い、だがその前に証拠は押収させてもらうよ。
おう、爆弾処理班、こいつを運び出せ!」
警官隊はハンガーの中の物体を運び出し始めた。

~つづく~


~あとがき~
久しぶりにショートストーリー書いてみました。
この話自体はあと2,3回で完結させようかなと考えてます。
その後は、天網さんの「第2次ハフマン紛争参戦者名簿」に載ったキャラクターで新しい話書こうかなと。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://dicetarg.blog.fc2.com/tb.php/692-c3751263
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
copyright © ダイスターグ卿の邸宅 all rights reserved. Powered by FC2ブログ