FC2ブログ
ダイスターグ卿の邸宅
当HPに記載の社名・製品名・システム名等は各社の登録商標もしくは商標です。 コメント・トラックバックはアニメやFMO・大航海時代オンライン関連でない場合は許可しないことがあります。 FMO・大航海時代オンラインプレイヤーのサイトならりんく御自由にどぞ。
The Short Story ~市を愛する者達よ 第17話~
2008/07/24 (木) 19:48:56 テーマ:FrontMissionOnline - ジャンル:オンラインゲーム
このショートストーリーフロントミッションオンラインを題材にしたフィクションです。

オークヒルズ市における爆弾爆発より20日後 15:30 ハフマン島 O.C.U.独立特務機動部隊“Iron Hearts”司令部

リヴァース大佐は自らの司令部へと戻ってきた。
爆弾の爆発シミュレーションはできたか?」
「はい大佐、繁華街等人の集まる所はほぼ網羅しています。」
リヴァース大佐は部下に命じてサーモバリック爆弾が置かれそうな場所と、その爆発範囲・被害の予測を調べさせていたのだ。

「いずれも酷い被害になりそうだが、だが、まだ足らんな。」
「何がですか?」
「この程度の被害なら通常爆弾でも可能だ、わざわざサーモバリック爆弾を使う理由にはならん。」
「しかし、オークヒルズ市内で人の集まりそうな場所は全て検討しましたが、、。」
「オークヒルズ市には地下施設はあったか?」
「デパートの地下売り場はあります、検討結果資料にも入ってます。」
リヴァース大佐はあらためて資料を見た。
「ん、これは何だ、ずいぶん大きな地下施設があるじゃないか。」
「ああ、それはジオフロント計画の施設ですよ。」
ジオフロント計画、、簡単に言えば、地下に人工構造物を作り、そこに住居や工場を作っちゃおうという計画である。
「ここにサーモバリック爆弾が仕掛けられた場合はシミュレートしたか?」
「ええ、ただ、そこの施設自体がまだ大して作られてないもので、空間はあっても実際は岩をくりぬいただけの状態で、しかも無人なんです。
だから、爆発しても大して被害は無いんです。」
「そうか、、ん、、、?」
リヴァース大佐は資料を凝視した。
「これを見ると、地下施設は東側の隣接セクターまで延びているようだが、隣接セクターは何だ?」
「ちょっと待ってください、ええと、、ジオフロントですね。」
「!、、、そこでの爆発はシミュレートしたのか?」
「え、いえ、命令ではオークヒルズ市内の施設と、、。」
「今すぐシミュレートしろ! 急げ!!」
部下はあわてて作業に入った。

~つづく~
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://dicetarg.blog.fc2.com/tb.php/715-9f5b69fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
copyright © ダイスターグ卿の邸宅 all rights reserved. Powered by FC2ブログ