FC2ブログ
ダイスターグ卿の邸宅
当HPに記載の社名・製品名・システム名等は各社の登録商標もしくは商標です。 コメント・トラックバックはアニメやFMO・大航海時代オンライン関連でない場合は許可しないことがあります。 FMO・大航海時代オンラインプレイヤーのサイトならりんく御自由にどぞ。
The Short Story ~市を愛する者達よ 第10話~
2007/10/31 (水) 00:08:07 テーマ:FrontMissionOnline - ジャンル:オンラインゲーム
このショートストーリーフロントミッションオンラインを題材にしたフィクションです。

オークヒルズ市における爆弾爆発より12日後 14:00 オークヒルズ市街

私はファスナーと別れてから、しばらく市街を歩いた。
爆弾で吹き飛ばされた施設の復旧工事が進んでいる。

ふとその傍を見ると、何やら碑がある。
「これは、、慰霊碑か?」
よく見ると、どうも爆弾設置を防ごうとして戦死したWAP部隊員の慰霊碑らしい。
9人の名前が並んでいる。
「1個中隊全滅したのか、、。」
「いえ、1人は生き残りました。」
傍らから声がしたので、私は振り向いた。
「あなたは?」
「O.C.U.陸防軍のフォーマー兵長です、ここで全滅した中隊に所属していました。」
「ベオルブです、よくぞ御無事で。」
「ありがとうございます。」
そう言った彼は、私服に松葉杖といういでたちだった。
続きを読む
The Short Story ~市を愛する者達よ 第9話~
2007/10/27 (土) 13:10:39 テーマ:FrontMissionOnline - ジャンル:オンラインゲーム
このショートストーリーフロントミッションオンラインを題材にしたフィクションです。

オークヒルズ市における爆弾爆発より12日後 10:00 ハフマン島 バリンデン O.C.U.高等弁務官府 CISUオフィス

翌日、私はCISUオフィスに出勤していた。
シルバーがいたのでとりあえず現状の報告はしておく。
「そうかい、引き続き調査しておくれ。」
「あ、ああ。」
どうも拍子抜けだった。
御世辞にも調査は順調とは言えないのだ。
シルバーはこんな時指示や助言を欠かさないタイプの上司なのだが。
「何か指示とかないのかい?」
「そうさね、事が政界に及ぶことによる危険性だけは認識しておいておくれ。」
「上から何か言われたかい?」
「否定はしないがね、あんたが知る必要は無いだろ、つまり、そういうことさね。」
「、、、。」
どうもしっくり来ない。
続きを読む
The Short Story ~市を愛する者達よ 第8話~
2007/09/13 (木) 06:42:01 テーマ:FrontMissionOnline - ジャンル:オンラインゲーム
このショートストーリーフロントミッションオンラインを題材にしたフィクションです。

オークヒルズ市における爆弾爆発より11日後 22:00 ハフマン島 ニューミルガン とある料理屋

私はとっつぁんと飲み食いしている。
話はもう仕事ではなく雑談だ。
「ハフマン島の最近の裏社会は静かなものらしいね。」
「あの“大虐殺”で惨いことになりましたからね、今じゃチンピラと小ボスしかいませんよ。」
“大虐殺”、、、かつてハフマン危機の際に裏社会で起こった抗争事件である。
続きを読む
The Short Story ~市を愛する者達よ 第7話~
2007/06/23 (土) 13:58:31 テーマ:FrontMissionOnline - ジャンル:オンラインゲーム
このショートストーリーフロントミッションオンラインを題材にしたフィクションです。

オークヒルズ市における爆弾爆発より11日後 19:30 ハフマン島 ニューミルガン

私はニューミルガン市にやって来ていた。
ここはハフマン島のO.C.U.領都市の中でも第1の漁港でありまた貿易港でもある。
O.C.U.領の都市の中でも地理的に本国に近いのはバリンデンだが、あそこは地形の都合から大型船の停泊できる港が無い。
ハフマン島O.C.U.領の空の玄関がバリンデン、海の玄関がニューミルガン、と棲み分けができているわけである。

ニューミルガンは漁業や貿易による産業が盛んであり、また酪農も行われている。
飯が旨い都市と言う点では、O.C.U.領内No.1であろう。
余談だが、O.C.U.日本ではニューミルガンのことを「乳見る眼」と記述する場合もあるらしい。
それは酪農が盛んなことに由来するのだが、もう一つ理由がある。
続きを読む
The Short Story ~市を愛する者達よ 第6話~
2007/06/03 (日) 14:59:33 テーマ:FrontMissionOnline - ジャンル:オンラインゲーム
このショートストーリーフロントミッションオンラインを題材にしたフィクションです。

オークヒルズ市における爆弾爆発より11日後 13:00 ハフマン島 O.C.U.高等弁務官府 CISUオフィス

私はシルバーにこれまでの調査結果を報告していた。
無論、サウザンド氏やファスナー記者に話したのとは違い、詳細かつ漏らさずに、だ。
「、、、まだ黒幕はわからずとも、何か不穏な動きをする者はいるってのかい。」
「ああ、ただ、狙いが分からなくてさ。」
「反対運動にばかり眼を向けてると、見誤りそうだね。」
「ああ、何か別の狙いの為のカモフラージュという気がするんだ、反対運動は。」
「両市長に対する何か、がその狙い、と、あんたは読んでる訳だね?」
「まぁそんなとこ、それより、議員や市長の動きに関しては、そっちでも何かしら掴んでるのかい?」
「調査は何もCISUにだけ命じられた訳じゃないからね、当然、本国の政府も高等弁務官に命じてきてる。」

シルバーの語った話は以下の通りだった。
続きを読む
The Short Story ~市を愛する者達よ 第5話~
2007/06/02 (土) 09:55:57 テーマ:FrontMissionOnline - ジャンル:オンラインゲーム
このショートストーリーフロントミッションオンラインを題材にしたフィクションです。

オークヒルズ市における爆弾爆発より10日後 22:00 メナサ港

リキュール氏の秘書フローラ・アンダーソンは船まで戻ってきた。
「なんや、ベオルブはん送って行かなかったんどすか?」
「一人で考えたいことがあるから見送りだけでいいとおっしゃって、、。」
「あんさんはそれでよかったんどすか?」
「無理を言うわけにも、、、。」
「、、、わても一人で考え事ありますよってに、今日は帰るよろし。」
「わかりました、お休みなさいませ。」

オークヒルズ市における爆弾爆発より11日後 10:00 ハフマン島 バリンデン

私は旧知の新聞記者コル・ファスナーと会っていた。
続きを読む
The Short Story ~市を愛する者達よ 第4話~
2007/05/28 (月) 21:06:06 テーマ:FrontMissionOnline - ジャンル:オンラインゲーム
このショートストーリーフロントミッションオンラインを題材にしたフィクションです。

オークヒルズ市における爆弾爆発より10日後 19:20 ハフマン島南沖 屋形船

私はさすがに驚いた。
「いくらなんでも軍はそこまでしませんよ。」
「あんさんは警告に来たんと違うんですか?」
「先生相手に軍として正式に警告するなら、ブレイクウッド将軍が来ますよ。」
「、、、今日は、昔の通り探偵として来られたんどすか、それとも軍人としてですか?」
「その中間、とでも申し上げましょうか、まぁ、前者寄りな事は否定しませんがね。」
「はぁ、、、。」
「先生、もしや実際に誰かに狙われたりしてるんですか?」
「そこまではありまへん、ですが、脅迫と言うか警告と言うか、そしたものは最近来とります。」
「そんなところに僕のコンタクトが来たって訳ですね。」
「はぁ、疑って申し訳ありまへん。」

それから私はリキュール氏から脅迫について聞いた。」
続きを読む
copyright © ダイスターグ卿の邸宅 all rights reserved. Powered by FC2ブログ